2014年06月21日(土)|空木岳フォトアルバム

空木岳 2014年06月21日(土) 日帰り

塩見岳 2014年06月14日  ← 空木岳 →  白山 2014年06月29日


空木岳フォトアルバム

»空木岳の登頂記録(詳細)   »空木岳|ガイドブックにないガイド

池山林道の駐車場に前夜21時到着。一番乗りでしたが朝4時で満車。

※池山林道は工事のため終点1.7km手前駐車場までしか入れません。コースタイム往復1時間余分に計画する必要があります!
駐車場の先、工事中のために本当は歩いてはいけない林道だったのですが、知らずに歩いてしまいました。
ごめんチャイ m(__)m
これでは車で入るのはキビシイですよね~
池山林道終点の駐車スペースですが、現時点では車両の進入不可です。
ここから登山道に変わります。
林道終点から登山道に入るところに、登山ポストありますが、

※用紙とペンがありません。
笹がきれいにカットされているので、歩きやすいです。
これも、山岳会の皆様がボランティアでされたものだと思います。私たちが山を歩けるのもそういった人たちのおかげ、、、感謝の気持ちを忘れずに。
傾斜もきつくない、しばらくはウォーミングアップにちょうど良いのでありますよ~。 ブログとかでよく見る水場。
登山道脇にあり、ベンチもあり、程よい距離にあり、休憩適地です。おいしい水を感謝の気持ちでいただきます。
水場を過ぎたあたりから斜度が増してきましたが、まだまだ元気ありあり、余裕しゃくしゃくですからね~。
核心に入る、大地獄手前で朝食としました。
疲れをとって、いざ、大地獄へ。
傾斜も強くなっていきますね~。
どんな苦難が待ち受けているんだろうか?
ヤセ尾根の鞍部にかかる橋ですが、これがなければ簡単には通ることができなかったはず。感謝です。
階段も整備されています。
雨で濡れているとすべるので要注意。
根っこがでている急斜面のトラバース。
スリップに注意です。
新しいクサリがかけられていました。
大地獄の核心、長いクサリ場です。
思っていたよりより怖くはありませんが、油断大敵。
最後に次男がよじ登ります。 ふと、遠くに目をやると千畳敷カールが見えてきました。
まだまだ油断は禁物。
片側は切り立ったがけですから。
迷尾根に到着しました。
踏み跡もあり、かつてはここで下山時に道迷いが多かったようですが、ロープが張られているので迷うことはなさそうです。
ヤツがいた~
小地獄です。
急斜面をトラバースするために、雪ののった残雪期に滑落事故が多いとのこと。
標高2300mあたりから雪が出てきました。 一部雪道もありましたが、わずかです。
空木平カールを行くルートと、駒石がある尾根を行くルートに分かれるのですが、やっぱり「駒石」ですよね~ 待ってろよ~
あと1時間で行くからね~
駒石が近づいていたころには森林限界となり、ハイマツ帯となって高山らしい雰囲気が出てきました。
帰りに駒石に登ろうといいつつも、帰りは空木平カールを下りました。 中央アルプスの稜線がずっと続いていて、木曽駒まで歩いていきたくなります。 駒峰ヒュッテはまだ営業開始前です。
駒峰ヒュッテを見下ろせば山頂はもうすぐ。 よく、頑張った!
まるで自分が小栗旬のように思えてきますから~。
少年よ!大志を抱け!
駒峰ヒュッテ脇からカールに下山で~す。
楽ち~ん!
アイゼンなくても大丈夫ですよ~
斜度的にグリセードがしやすいのですが、調子に乗ってたらスピードが出てきて転倒しちゃいました! まだまだ、積雪の多いカールです。
やっぱり歩きやすい雪道の方が楽だね~
空木平避難小屋の前の小川は雪解け水でチョ~冷たい!顔を洗うと気持ちい~! 空木平避難小屋を過ぎて左にトラバースしないといけないのですが、小荒井沢方向へ引き込まれてしまいました。
そのまま行くと、道迷いで遭難するとこでした。
空木平周辺は雪道で、赤テープも、踏み跡もほとんどなく、たまに出てくる夏道も荒廃。コンパスだけが頼りでした。
大地獄のクサリ場を下ります。 子供が見つけたのですが、倒れた木がほかの木に絡んで巻き付いています。命尽きて枯れているはずなのに、最後にもがいているのでしょうか。 新池山小屋のところから、行きは登山道を歩いたのですが、帰りはマイナスイオンたっぷりの遊歩道から下りました。
新池山小屋でトイレを拝借。 帰路は池山に登るコースから帰りました。
本来の直線コースから約1時間余分にかかります。
林道終点の駐車場にある、あずま屋。
最後の休憩となりました。
林道から帰れば楽なのですが、工事してる音も聞こえるし、通ってはいけないようなので登山道経由で駐車場に向かうことにしました。 登山口2.5kmの道標をみて、泣きが入りました。
でも登山口って菅の台のことで、林道の駐車場はもっと近いんです。
登山道から林道に出たすぐのところ。
そうか~ここに車を止めればよかったのか~。
てくてく林道を登り返すと、駐車場が見えてまいりました。 無事下山しました。
充実した週末をありがとうごいました。
 

山行記録&コメント

先々週は北アルプス「薬師岳」、先週は南アルプス「塩見岳」、今週は中央アルプス「空木岳」と3週続けてのアルプス三昧。
山から癒しをもらい、元気をもらい、感謝の気持ち改めて感じる自分自身をもらいました。

池山尾根の核心である「大地獄」「小地獄」「迷尾根」、特に残雪期に遭難の多いところです。
昨年の5月に仲間が滑落して亡くなられたとのことで、小地獄の事故現場でお線香をあげに来ていたグループの方たちがいらっしゃいました(合掌)。事故が非常に多いところだそうです。

夏には階段やクサリがしっかり整備されていますが、雪が積もってると絶壁に近いほどの急斜面のトラバースがいくつもある危険地帯。自分の力だけで山を登っているんではなく、しっかり整備されたところを歩かせてもらっていることに感謝の気持ちを抱きました。

天気は曇りがちだったのですが、さんさんと照り付ける太陽のもとで歩くより、暑さがゆるく比較的楽だと思います。
木曽駒まで見通しもきいていて、申し分のない山歩きでした。
往路はあっけなく山頂に到着したのですが、いつものことながら下りは長く感じて、子供たち泣きが入りかけていました。ワタシはまだまだ元気なふりして、心の中で泣きがすっかり入っておりました。
»空木岳の登頂記録(詳細)   »空木岳|ガイドブックにないガイド

ページトップへ

空木岳

空木岳 山岳データ

標高:2,864m  長野県

長野県駒ヶ根市、飯島町、大桑村にまたがり、木曽駒ヶ岳に次ぐ中央アルプス第二の高峰。
山頂には二等三角点があり、花崗岩の大きな岩が乱立する。山頂直下の北東には空木駒峰ヒュッテがあり、その先の稜線上には「駒石」と呼ばれる巨石がある。東北東に広がる空木平カールには無人小屋の空木平避難小屋がある。
登山ルートは主に、池山尾根をピストンするルートと菅ノ台を起点に木曽駒ヶ岳を経て、池山尾根を下る中央アルプスの縦走ルートがある。

空木岳登山 ルート

2014年06月21日(土)

池山林道駐車場(4:30) ⇒ 池山林道終点(4:55) ⇒ 鷹打場(5:20) ⇒ 池山小屋入口(5:55|休憩|6:05) ⇒ 尻無(6:35) ⇒ マセナギ(6:40) ⇒ 標高2,110m地点(7:00|朝食|7:20) ⇒ 迷尾根(7:50|休憩|8:00) ⇒ 空木平避難小屋分岐(9:00|休憩|9:10) ⇒ 駒石(9:35) ⇒ 駒峰ヒュッテ(10:05) ⇒ 空木岳(10:10|休憩|10:30) ⇒ 空木平避難小屋(11:00|休憩|11:10) ⇒ 空木平避難小屋分岐(11:30) ⇒ ヨナ沢の頭(12:05) ⇒ 迷尾根(12:25|昼食|12:45) ⇒ 大地獄(13:10) ⇒ 標高2,110m地点(13:15|休憩|13:25) ⇒ マセナギ(13:45) ⇒ 池山小屋(14:15|休憩|14:25) ⇒ 池山(14:40) ⇒ 鷹打場(15:05) ⇒ 池山林道終点(15:30|休憩|15:40) ⇒ 池山林道駐車場(16:00)

空木岳登山 実績&記録

コース難易度  上級

天候:曇り時々晴れ
歩行距離:18km
実質CT:9時間20分
標高差:1,664m
累積標高差(+):1,905m
難易度:上級
体力度:★★★★☆
技術度:★★★★☆

空木岳への登頂記録

空木岳フォトアルバム

小学生百名山登山◆トピックス

スポンサードリンク

日本百名山週間天気予報

◇空木岳への最寄りのインター◇

関連サイト

日本百名山温泉・外来湯

♨空木岳 温泉・外来湯一覧

日本百名山登山計画書

◇空木岳の登山ポスト用紙

pdf 中ア遭対協/駒ヶ根警察署
››地方自治体用紙、オンライン届出

日本百名山管轄の警察署

◇空木岳を管轄する警察署---

  • 駒ヶ根警察署 [ウェブサイト]
  • 〒399-4114
    長野県駒ヶ根市上穂南8-1
  • TEL:0265-83-0110