黒部五郎岳(富山県、岐阜県)◆小学生が登る日本百名山

登頂32座目 黒部五郎岳 くろべごろうだけ(標高 2,926m)

31座目(木曽駒ヶ岳)2012/07/08  ← 黒部五郎岳 →  33座目(鷲羽岳)2012/07/24

黒部五郎岳の概要  »もっと詳しく登山ガイド

富山県と岐阜県の県境に位置する北アルプスの山。
黒部五郎岳といえば、懐にいただく五郎のカールが有名で素晴らしい。
山頂からの360度の展望は、北アルプスの山々を俯瞰できる。
富山県側の折立から太郎平を経由するコースと、長野県側の裏銀座方面から三俣を経由するか、岐阜県の新穂高から双六方面を経由するコースがある。長野・岐阜方面から登る場合は、カールコースと尾根コースがあり、一般的にはカールコースが利用される。

黒部五郎岳へ当サイトの小学生が登った実際の登頂記録

登頂日 2012年7月23日(月)  ★4泊5日-テント泊-★
全行程 2012年7月22日(日)~ 2012年7月26日(木)
登頂時の学年 小学校4年生
コース難易度 上級 上級レベル (体力度:★★★★★ 技術度:★★★★☆)
登山口 新穂高温泉
標高差 1,836m  (登山口から頂上までの標高差)
天気 1日目:雨  2日目:晴れ  3日目:晴れ  4日目:晴れ  5日目:晴れ
コース距離 1日目:14km、 2日目:12.6km、 3日目:12.6km、 4日目:10.8km、 5日目:14.3km
コースタイム 1日目:10時間55分、 2日目:9時間40分、 3日目:10時間50分、 4日目:9時間45分、 5日目:7時間05分  ※休憩時間を含む
ルート・時間 1日目:7月22日(日)
深山荘前駐車場(4:45)⇒新穂高温泉(4:55|準備|5:07)⇒笠新道分岐(6:38)⇒わさび平小屋(6:55|休憩|7:27)⇒小池新道入口(7:52)⇒秩父沢(8:50|休憩|9:00)⇒イタドリヶ原(9:37|休憩|9:54)⇒シシウドガ原(10:38|休憩|10:50)⇒鏡平山荘手前(11:15|昼食|12:00)⇒鏡平山荘(12:25|休憩|13:05)⇒弓折乗越(14:14|休憩|15:29)⇒双六小屋(15:40)
------------------------------------------------------------------------
2日目:7月23日(月)
双六小屋(6:13)⇒巻道分岐(6:34)⇒双六岳(7:33|朝食|7:57)⇒中道分岐(8:51)⇒三俣蓮華岳(9:10)⇒三俣山荘分岐(9:40|休憩|9:50)⇒黒部五郎小舎(10:40|テント設営・昼食|12:25)⇒黒部五郎岳(14:05|休憩|14:25)⇒黒部五郎小舎(15:55)
------------------------------------------------------------------------
3日目:7月24日(火)
黒部五郎小舎(5:15)⇒巻き道分岐(6:35|休憩・準備|6:50)⇒三俣山荘(8:00|朝食・テント設営|9:30)⇒鷲羽岳(10:25|休憩|10:37)⇒ワリモ岳(11:12)⇒ワリモ北分岐(11:30)⇒水晶小屋(12:05|昼食|12:45)⇒水晶岳(13:20|休憩|13:25)⇒水晶小屋(13:50|休憩|14:05)⇒岩苔乗越(14:35)⇒黒部源流の碑(15:30|休憩|15:40)⇒三俣山荘(16:07)
------------------------------------------------------------------------
4日目:7月25日(水)
三俣山荘(5:30)⇒三俣峠(6:12|休憩|6:18)⇒双六岳分岐(7:40)⇒双六小屋(7:50|朝食|8:30)⇒樅沢岳(9:00|休憩|9:10)⇒千丈乗越手前(12:15|昼食|12:30)⇒千丈乗越(12:35|休憩|12:45)⇒槍ヶ岳山荘(14:00|休憩|14:22)⇒槍ヶ岳(14:44|休憩|14:48)⇒槍ヶ岳山荘(15:15)
-----------------------------------------------------------------------
5日目:7月26日(木)
槍ヶ岳山荘(7:45)⇒飛騨乗越(7:50)⇒槍平小屋(9:27|休憩|9:47)⇒滝谷出合(10:20|休憩|10:25)⇒白出沢出合(11:30|休憩|11:40)⇒穂高平小屋(12:30|昼食|13:10)⇒新穂高温泉(13:50|旅館手配等|14:40)⇒深山荘前駐車場(14:50)
アクセス 自動車
駐車場 新穂高登山者用駐車場(駐車料金:無料) ◆150台収容
コメント 今回は新穂高を起点に、黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳、西鎌尾根を経由して槍ヶ岳、そして新穂高温泉に戻る山中4泊5日テント泊の計画で挑んだ。兄の方が膝をけがして今回は参加することができなかったので、父と弟の2人で山を目指した。
まず、1日目は双六小屋の幕営指定地でテント泊。
2日目に双六小屋を出発し、中道と春道を経て双六岳へ登頂。
その後、三俣蓮華岳に登頂し、黒部五郎小舎の幕営指定地にテントを張る。テントに荷物をデポ、荷物を軽くして黒部五郎岳をピストン。夕方にテントに戻る。
黒部五郎岳といえば懐に抱く雄大なカールが象徴的。
残雪豊富で涼しげなカールは何とも言えない爽快さがあった。
2日かけなければ辿り着けないほど山深く、それだけ自然を感じる。
翌日の鷲羽岳と水晶岳の登頂も体力が勝負。日暮れとともにシュラフにもぐりこんだ。

ヤフーマップで黒部五郎岳を見る。

ページトップへ

黒部五郎岳

黒部五郎岳への登頂記録

黒部五郎岳フォトアルバム

小学生百名山登山◆トピックス

下山後に立ち寄ったお風呂

新平湯温泉 ♨甚九郎

黒部五郎岳のお土産

黒部五郎岳のバッジ

日本百名山駐車場情報

黒部五郎岳登山口の駐車場情報---

  • 折立駐車場(100台/無料)
  • 飛越トンネル駐車場(30台/無料)
  • 七倉駐車場(50台/無料)
  • 右俣ゲート付近(10台/無料)
  • 市営新穂高第3駐車場(150台/無料)
  • >>別ページの駐車場一覧で詳しく見る

日本百名山水場情報

黒部五郎岳付近の水場情報---

  • 折立ヒュッテ脇(蛇口/要煮沸)
  • 太郎平小屋
  • 黒部五郎小舎(沢水/飲用可)
  • 黒部五郎岳カール(湧水/飲用可)
  • 北ノ俣岳避難小屋の脇(不明/飲用可否不明)
  • 中崎橋手前付近(湧水/飲用可)
  • 笠新道登山口(湧水/飲用可)
  • ワサビ平小屋(蛇口/飲用可)
  • >>別ページの水場一覧で詳しく見る

日本百名山トイレ情報

黒部五郎岳付近のトイレ情報---

  • 折立駐車場(公衆トイレ)
  • 太郎兵衛平(公衆トイレ)
  • 黒部五郎小舎 外トイレ(山小屋トイレ)
  • 北ノ俣岳避難小屋(山小屋トイレ)
  • ワサビ平小屋(山小屋トイレ)
  • 新穂高温泉バス停前 (公衆トイレ)
  • >>別ページのトイレ一覧で詳しく見る

日本百名山温泉・外来湯

黒部五郎岳 温泉・外来湯一覧---

日本百名山登山計画書

黒部五郎岳の登山ポスト用紙---

pdf 北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会/長野県大町警察署
pdf 高山署/岐阜県北ア遭対協(夏)
››地方自治体用紙、オンライン届出
Copyright © 2011-2016 小学生が登る日本百名山 Rights Reserved.