両神山(埼玉県)◆小学生が登る日本百名山

登頂17座目 両神山 りょうかみさん(標高 1,723m)

16座目(天城山)2011/10/23  ← 両神山 →  18座目(鳳凰山)2011/11/07

両神山の概要  »もっと詳しく登山ガイド

埼玉県秩父山地の北端に位置する山。
一般的には日向大谷から登り、日帰りでピストンする。
途中には清滝小屋があり、屋根つきの炊事場・水場、テラスがあり昼食の休憩に適している。
清滝小屋を過ぎればクサリ場が数ヵ所あるが、特に危険個所はない。
山頂からは360度の大パノラマ。遠くに八ヶ岳や富士山が望める。

両神山へ当サイトの小学生が登った実際の登頂記録

登頂日 2011年10月29日(土)  ★日帰り★
登頂時の学年 小学校3年生
コース難易度 中級 中級レベル (体力度:★★★☆☆ 技術度:★★★☆☆)
登山口 日向大谷口
標高差 1,063m  (登山口から頂上までの標高差)
天気 晴れ
コース距離 10.5km
コースタイム 8時間20分  ※休憩時間を含む
ルート・時間 日向大谷登山口(07:10)~会所(07:50)~八海山(09:00)~弘法之井戸(09:25)~清滝小屋(09:30/10:10)~鈴が坂(10:20)~産体尾根取付(10:25)~横岩(10:40)~両神神社(10:55/11:05)~両神山頂上(11:30/12:00)~両神神社(12:30)~横岩(12:40)~産体尾根取付(13:00)~鈴が坂(13:10)~清滝小屋(13:20/13:35)~弘法之井戸(13:45)~八海山(14:05)~会所(14:45/15:00)~日向大谷登山口(15:30)
アクセス 自動車
駐車場 日向大谷口(駐車料金:無料) ◆40台収容
コメント 所要は休憩時間を除けば、地図上の時間で進むことができた。
登山道は樹林帯がほとんどで、日照が山の反対側なので15時過ぎに登山道が薄暗くなってきた。
のんびりと休憩できる時間を考えれば、夏季以外は6~7時頃の出発が要求される。その分、駐車場が満杯になる時間も早い。
子連れの場合、清滝小屋かテントで一泊すると余裕ができる。
埼玉県といえども、高速道路のインターからの距離もあって、都心から意外と遠く感じた。朝4時出発、21時帰宅となった。




ヤフーマップで両神山を見る。

ページトップへ

両神山

両神山への登頂記録

両神山フォトアルバム

小学生百名山登山◆トピックス

下山後に立ち寄ったお風呂

両神温泉 ♨薬師の湯

薬師の湯

営業時間:10:00~20:00
定休日:毎週火曜
営業期間:通年
料金:大人600円、小学生240円
+--+--+--+--+--+--+--+--+--
泉質:単純硫黄冷鉱泉(低張性・アルカリ性・冷鉱泉)
源泉温度:24.3℃
露天風呂    源泉掛け流し
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化気病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病
››公式サイト

両神山のバッジ・記念品

日本百名山週間天気予報

日本百名山登山口へのアクセス

◇日向大谷口へのアクセス◇

マイカー利用の場合...
関越自動車道「花園IC」⇒国道140号線⇒県道43号線⇒国道299号線⇒県道279号線⇒日向大谷口駐車場(49.7km)

公共交通機関利用の場合...
西武鉄道「西武秩父駅」⇒西武観光バス「小鹿野線|小鹿野車庫・栗尾ゆき」(約30分)⇒小鹿野役場⇒小鹿野町営バス「日向大谷線|日向大谷口ゆき」(約50分)⇒日向大谷口

◇両神山への最寄りのインター◇

関連サイト

日本百名山温泉・外来湯

♨両神山 温泉・外来湯一覧

日本百名山登山計画書

◇両神山の登山ポスト用紙

pdf 日向大谷登山口備付用紙
››地方自治体用紙、オンライン届出

日本百名山管轄の警察署

◇両神山を管轄する警察署---

  • 小鹿野警察署 [ウェブサイト]
  • 〒368-0105
    埼玉県秩父郡小鹿野町大字小鹿野2816-1
  • TEL:0494-75-0110