日本百名山へのアクセス◆栗原川林道(村道追貝根利線)情報

栗原川林道(村道追貝根利線)の情報

���������のガイドに戻る

対象山岳 皇海山
登山口 不動沢登山口
起点 国道120号線「吹割の滝」付近 全長 21.5 km
巾員 4.0 m 所要時間 約70分 舗装状況 一部舗装
路面状況 凹凸が多くある、道幅細い。片側は崖。
冬期規制 12月上旬~5月上旬
区間 国道120号線「吹割の滝」付近⇔皇海山登山口
情報公開 » 利根町振興局
概要 ◆皇海山に向かう林道の「追貝側」と言われる林道。
◆上記の全長と所要時間は「国道120号線」の右折するところから「皇海山登山口」までの距離と時間。
◆枝分かれする個所や分かりにくい箇所には「皇海山⇒」の標識があるので迷うことはない。
◆根利側にくらべてとがった石が多く、パンクする車が根利側にくらべて多いとのこと。
◆凹凸が多いので10km/h~20km/hの速度でしか進めない。
◆細かな振動で気分が悪くなることもあるので、乗り物酔いする同乗者がいる場合は、酔い止めを飲んでおいた方が良い。
◆片側が崖で悪路なので、夜間の走行はやめた方が良い。国道沿いに道の駅があるので、そこで車中泊や仮眠をして、明るくなってから走行するべき。
◆登山口は、カーナビで検索しても出てこないので、マップコード機能があるカーナビなら「947 038 430」で入力。
最終更新 2013年10月19日
No.01
こういった迷うような場所には、必ず「皇海山⇒」の標識があります。
しばらくは、アスファルト舗装された道と、コンクリートで舗装された道が続きます。キャンプ場を過ぎたあたりから未舗装の道に入ります。
No.02
No.03
こういう段差のあるところでは、底を擦らないように注意しましょう。
No.04
No.05
雨などで大きな石が堆積している箇所が無数にあります。こういった場所では、落石とともにパンクにも注意が必要です。
No.06
土が踏み固められた走りやす路面も出てきます。
No.07
No.08
No.09
No.10
No.11
No.12
途中で舗装された箇所も出てきますが、ほんのわずかです。それに、舗装されていても老朽化してデコボコしています。
No.13
No.14
No.15
No.16
片側は100m以上あるような崖なので、ハンドル操作にも注意が必要です。
No.17
林道の先の方を見てみると、崖をトラバースしているのがよくわかります。
ガードレールは、あったりなかったりです。
No.18
石かとがっているのでパンクに注意が必要です。
No.19
枝分かれするような場所では、案内板があるので迷うことはないでしょう。
No.20
No.21
No.22
No.23
No.24
ゲートが見えてくれば、すぐそこに駐車場があります。
No.25
皇海橋手前の登山口駐車場です。
マイクロバスは、おそらく、追貝側より走りやすい利根側から入ってきたと思います。
No.26
駐車場の脇に公衆トイレと登山届があります。
No.27
皇海橋を渡って右側に登山口があります。
駐車場から登山口までは約100mです。登山口の所にも駐車場があります。
No.28
No.29

���������のガイドに戻る

ページトップへ

���������

���������への小学生山行記録

���������フォトアルバム

百名山登山のためのお役立ちガイド

スポンサードリンク

日本百名山週間天気予報

���������の案内板

◇���������への最寄りのインター◇

日光宇都宮道路 『清滝インター』
(川口JCTから133.7km)

関連サイト

日本百名山管轄の警察署

◇���������を管轄する警察署---